忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴロゴロ、モリモリの実家生活を満喫してみたら

8ヶ月の息子と二人、実家に1週間帰ってきました。孫に会わせる親孝行と言いつつ、実家だと、家事は母が全てやってくれるので、楽チンです。実家の最寄駅までは、母が迎えに来てくれたのですが、母の顔を見て、息子は大号泣。人見知りも始り、おばあちゃんの顔を忘れてしまったようです。ですが、おばあちゃんは、そんな息子にも余裕で「お~!泣け泣け~」と笑顔でした。そんな息子も実家に着いたら、今までの泣き顔が嘘のように、ニコニコです。おばあちゃんの顔を見てもニコニコでした。
私は実家に帰るとき、楽しみにしていることが、家事をお任せできること以外にもう1つあって、それは好きなものを、思いっきり食べられることなのです。夫が、玄米主食、腹八分目、甘いもの・ジャンクフード禁止の厳しい我が家なのです。なので、実家では、白米をお腹いっぱい!ケーキに、ハンバーガー!と、ガッツリ食べまくりました。そんな私を見てか、息子も離乳食をモリモリ食べ始め、二人してとにかく食べまくる毎日でした。
最初は泣いてしまった息子も、慣れたらおばあちゃんに甘えっぱなしでした。やはり、甘えられれば、悪い気にはならないようで、おばあちゃんも、息子を甘やかしっぱなしでした。おばあちゃん曰く、「泣いていても、笑っていても、どっちでもかわいい」とのことでした。
そんなのんびり、ガッツリ食べまくり生活をずっとしているわけにもいかず、家へと帰らなくてはいけない日には、アッと言う間になってしまいます。おばあちゃんにバイバイすると分かったのか、言葉は言えないものの「おばあちゃ~ん。離れたくないよ~。」と泣く息子がいました。
家の最寄駅までは、夫が迎えに来てくれたのですが、その夫の顔を見て、息子が大号泣してしまいました。1週間離れていて、お父さんの顔を忘れてしまったようでした。ですが、車に乗り込んだ途端、「今、泣いてたのナシナシ!」と言うような笑顔になったのには、夫も私も笑ってしまいました。
実家から帰ってきて、また玄米、腹八分目、甘いもの・ジャンクフード禁止の生活に戻り、私は物足りなさも感じていましたが、息子の食欲は劣ることなく、モリモリ食べてくれたので、ひと安心しました。その分、離乳食を作るのが大変になりましたが。そして、あんなにゴロゴロ、モリモリの生活をしていた私は、体重計に乗るのが怖かったのですが、思いきって乗ったところなんと!実家に行く前よりも痩せていました。これを見て、また、ゴロゴロ、モリモリの実家への帰省の計画を立てるのでした。

au格安スマホはどれよい?実際の速度やiphone対応状況
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R